あにまるファミリア

可愛い動物たちのまとめブログ☆☆ 犬や猫、うさぎにハムスターなどなどなど(*'▽') ペットや野良たちの可愛い&面白い画像や動画、癒される内容をたっぷりお届け♪

話題

16:10

1: ばーど ★ 2020/08/13(木) 06:59:26.53 ID:B95VP/EB9
英サマセット州に住む一家が飼っている毛色がイエローのラブラドール・レトリバー“ルーシー(Lucy、3)”が、13匹の赤ちゃんを産んだ。ラブラドール・レトリバーが一回の出産で産む子犬の数は6~8匹と言われており、数もさることながら13匹全ての毛色がブラックだったことで注目を集めている。

英サマセット州トーントン在住のキャサリン・スミスさん(37)は数か月前、友人が飼っているラブラドール・レトリバーの“バスティオン(Bastion、8)”と3歳の愛犬ルーシーの交配に成功した。

キャサリンさんは犬の出産に立ち会ったことがなく、日々大きくなるルーシーのお腹を見ては「5、6匹は生まれるのではないかしら」と子犬の誕生を心待ちにしていた。しかしいざ分娩が始まると、6匹どころか、その倍以上の13匹にもなったのだ。

キャサリンさんはルーシーの分娩について、『Metro』『LADbible』などに次のように明かしている。

「分娩が始まったのは午前11時50分でした。最初の20分でまず4匹が誕生したのですが、まだまだ続きそうでかなり慌てましたよ。結局13匹が生まれ、全てが終わった時には午後4時半になっていました。」

「大仕事を終えたルーシーは『こんなにたくさんの赤ちゃんは、いったいどこから出てきたのかしら?』という顔をしていましたよ。子犬はオスが8匹、メスが5匹で、驚いたことに13匹全ての毛色が父犬のバスティオンと同じブラックだったのです。」

キャサリンさんは現在、子犬たちの世話に追われており「今は1週間で15キロのドッグフードが消えていくのよ!」と嬉しい悲鳴をあげている。それでも13匹全ての引き取り先が生後3週間以内に決まったとのことで、子犬たちがルーシーのもとを離れていく日もそう遠くはなさそうだ。

なおラブラドール・レトリバーの毛色は、イエローやブラックのほかにチョコレートがあり、イエローは比較的穏やか、ブラックやチョコレートは活発であることが多いという。

ちなみに今年4月には、英ケンブリッジシャー州ウェントワースで6歳のラブラドール・レトリバー“ベラ(Bella)”が14匹の赤ちゃんを産んで話題になった。しかしイギリス国内で『一度の出産で最も多く子犬を産んだラブラドール・レトリバー』の記録は、2014年に達成された15匹だという。

画像は『Tyla 2020年8月11日付「Yellow Labrador Gives Birth To 13 Black-Coated Puppies」(Credit: Solo Syndication)』のスクリーンショット

https://static.techinsight.jp/wp-content/uploads/2020/08/Lucy200812-300x233.jpg
no title


【【英】イエローのラブラドール・レトリバー、誕生した子犬13匹は全てブラックに】の続きを読む

08:40

1: しじみ ★ 2020/08/12(水) 11:47:08.10 ID:jIQ5X1sg9
動物たちは信頼できる人間にお腹を見せることがある。犬の場合、服従やリラックス、安心や幸福を意味することが多く、飼い主がお腹を撫でてやると喜ぶことが多い。

 一方、猫も人間にお腹を見せる。そこに信頼関係があるのは犬と同様だが、撫でようとすると逃げてしまう個体もいる。お腹を見せても撫でさせてはくれない。その理由は何なのか?

 獣医師や動物心理学者、動物行動学者らが集まり、様々な動物問題について取り上げたサイト『AnimalWised』の動画では、猫がお腹を見せる理由を詳しく説明している。
https://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/3/0/304151b1.jpg
no title


【【動画・画像】猫が飼い主にお腹を見せるのはなぜ?動物行動学者たちの答え】の続きを読む

18:10

1: ひよこ ★ [ニダ] 2020/08/12(水) 13:00:09.76 ID:uSmziEIi9
https://mainichi.jp/articles/20200812/k00/00m/040/043000c
毎日新聞2020年8月12日 10時50分(最終更新 8月12日 10時53分)


https://cdn.mainichi.jp/vol1/2020/08/12/20200812ddnk27040021000p/9.jpg
no title

小嶋社長に抱かれ、展示されたフィギュア「メガたま駅長」と写真に収まるニタマ駅長=和歌山県紀の川市貴志川町の貴志駅で、最上聡撮影


 和歌山電鉄貴志川線貴志駅(和歌山県紀の川市)で11日、猫の駅長「たま」を祭る「たま神社」の開社5周年を記念し、同線で使用した駅名板など「お宝」を販売するイベントがあった。また、同電鉄の小嶋光信社長やニタマ駅長らが駅構内の神社を参拝し、新型コロナウイルス感染症の終息と同線の永続を祈願した。【最上聡】

 2015年6月に死んだ「たま」は、同8月11日に「大明神」として祭られた。同電鉄によると、新型コロナの影響で同線でも利用者は7割減少しており、「例年通り祭祀(さいし)を行い、少しでも明るい話題を」と企画した。小嶋社長は取材に「戦後初めての経験と言うべき公共交通の苦境だが、貴志川線は観光資源であり、生活に欠かせない。行政、住民の方々とともに、継続を図っていく」と話した。

 イベントでは猫人形作家、佐藤法雪さんが羊毛で制作した巨大フィギュア「メガたま駅長」も展示された。踏切の矢灯、運賃表示器などが並び、鉄道ファンらが買い求めていた。



【【和歌山電鉄】天国から見守るにゃん 猫駅長祭る「たま神社」5周年イベント】の続きを読む

19:10

1: きつねうどん ★ 2020/08/11(火) 07:34:26.49 ID:CAP_USER
https://grapee.jp/wp-content/uploads/63635_main_03-768x576.jpg
no title


2020年8月、各地で猛暑日が続いています。

暑さにうんざりしてしまうのは人間も動物も同じなのかもしれません。

東京都品川区にある、しながわ水族館を訪れた中島保寿(@japanfossil)さん。

ペンギンを観察することができるコーナーの『ペンギンランド』で、暑い中、ただじっと立っているペンギンを見つけました。

その姿がこちら。

【【画像】暑い中、じっと立つペンギンの顔が完全に「(`A´) 」wwwwその『理由』ww】の続きを読む

11:10

3: 風吹けば名無し 2020/07/02(木) 17:28:22.92 ID:AdDJ7xXAa
コーギーの警察犬が引退 ロシアで大人気

世界でも珍しいコーギーの警察犬、リージー。
7年間にわたりロシアで活躍していましたが、9歳で引退しました。
ふさふさの毛並みを持つリージーは、嗅覚に優れていてこれまで多くの違法薬物を発見し犯罪者の身柄確保に成功しました。
リージーはインスタグラムで1.5万人ものファンを持つアイドル的存在の警察犬。
引退後もスポーツを続け、ダンスなどの新しいスキルを学ぶ予定で、これからの活躍にも期待できます。


https://www.tv-tokyo.co.jp/news/original/2020/06/30/012090.html


8: 風吹けば名無し 2020/07/02(木) 17:30:22.89 ID:UpMo5/vM0
かわヨ

【【動画】コーギーの警察犬が引退。7年の勤務お疲れさまでした!】の続きを読む

13:40

SnapCrab_NoName_2020-8-9_12-55-7_No-00

1: ヒアリ ★ 2020/08/07(金) 21:08:15.36 ID:E42cjPAp9
“砂漠の天使”スナネコの赤ちゃん8・12より展示 世界最小級の野生ネコ
8/7(金) 16:13
配信オリコン

 栃木県の『那須どうぶつ王国』で先月誕生した「スナネコ」の赤ちゃんが、12日より展示公開される。

【写真】まさに天使… 愛おしき肉球ほか「スナネコ」赤ちゃん成長フォト集

 スナネコとは、食肉目ネコ科の動物でアフリカ北部、西アジア、中央アジアに分布。体長39~57センチ、尾長約20センチ、体重約2~3キロという小柄な体で、寿命は約10~12年。アフリカなどの岩砂漠に生息する世界最小級の野生ネコで、その愛らしい容姿から“砂漠の天使”といわれている。毛の色は砂漠に溶け込むような色で、灼熱の砂から足裏を守るため肉球を覆うように毛がある。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8cd83fb3f1571c1e346991fd953e638100c3dfa2


【【砂漠の天使】スナネコの赤ちゃん8・12より展示 世界最小級の野生ネコ 栃木那須】の続きを読む

14:40

1: 名無しさん@おーぷん 20/08/08(土)01:32:46 ID:l2X


2: 名無しさん@おーぷん 20/08/08(土)01:37:45 ID:Xb1
昔はこんなこと無かったよな
だんだんお金稼ぐやつらが問題になってもいいとか思い始めてないか?

4: 名無しさん@おーぷん 20/08/08(土)01:40:50 ID:mGM
メタルマックスにいそう


【【マスク】犬用マスクに「絶対にやめて」の声。犬でも熱中症になります。知っておきたい気を付けること】の続きを読む

13:13

1: きつねうどん ★ 2020/08/08(土) 06:40:07.10 ID:CAP_USER
https://www.jiji.com/news2/kiji_photos/202008/20200807at66S_p.jpg
no title

英国の外務・英連邦省で「ネズミ捕獲長」を務めた猫パーマストン(公式ツイッターより)

 【ロンドン時事】英国の外務・英連邦省は7日、「ネズミ捕獲長」の肩書を持つ猫パーマストンが公務を引退すると発表した。捕獲の任務に加え、外国要人をもてなす活動にも従事してきたが、猫の公式ツイッターで公開した「辞表」で「世間の注目を離れ、ゆっくりと余生を過ごす時が来た」と説明した。

 パーマストンは6歳前後の白黒の雄猫で、2016年4月に動物保護施設から迎えられた。「ネズミ捕りの達人」として知られたが、隣接する首相官邸で「捕獲長」を務めている猫ラリーとは犬猿の仲で、たびたびけんかが目撃されてきた。

 パーマストンは今年3月の都市封鎖(ロックダウン)以降、田園地方にある外務省職員の自宅で木に登ったり、野原を「巡視」したりしており、引退後もそこで暮らすという。昨年には健康不安説も流れていた。

https://www.jiji.com/sp/article?k=2020080701228&g=int


【【英外務省】ネズミ捕獲長パーマストン 公務引退】の続きを読む

このページのトップヘ